海外旅行の今昔

日本から外国に行って旅行をするには、海を渡る事から始まり、そのことから海外旅行と呼ばれる旅行は外国旅行になります。

日本では戦時中や戦後、国からの規制のために海外旅行をするには、留学や仕事などの目的や理由がなくては許可が下りませんでした。
外貨の持ち出し金額が500ドル、年間一度までという制限はありましたが、自由に海外旅行に行けるようになったのは、1964年(昭和39年)からです。
1966年(昭和41年)からは年間一度のみ、という規制は撤廃されました。

海外旅行をしやすくなった背景には、旅行代理店が扱う様々なサービスがあります。

目的地までの航空券や乗船券、ホテル、ビザの申請などを旅行代理店で行う事ができ、希望する目的地や日程を伝えればそれに合わせた旅行行程先のすべてにおいての予約をしてもらい、複雑な手続きを個人で行うことなく旅行をすることができます。

費用面でも、パッケージツアーと呼ばれる募集型の企画旅行では、旅行行程や宿泊場所などが決められているために個人の自由度は少なくなりますが、通常の海外旅行よりも低価格で行く事ができるようになったため、企業などの団体や、休日を取りやすい時期には個人での海外旅行が増加しました。

今現在ではインターネットの普及によって、旅行代理店に行かなくても、ウェブ上で旅行先の宿泊情報や飛行機の予約ができるようになりました。
そのため、旅行代理店では、さらに利用者を増やすために、ウェブ上からの申込はもちろん、低価格であったり、マニアックな企画であったりと特化したサービスを展開し集客に力をいれています。

Copyright © 2014 海外旅行を考えたら All Rights Reserved.